ドメインの登録が保留中です。1 時間後に再度ご確認ください

最新情報

左側の顎関節症の治療のため矯正治療を行いました。術後5年を経過して居ますが、安定的に機能されています。特に左側のみ顎関節の後方への後退があり、下顎全体の左側への偏位がありましたが、5年の経過観察の中で逆戻り現象は観察されませんでした。左側の顎関節の形態は、重篤な変形を起こしていましたが治癒傾向を認めます。

左側の顎関節症の治療のため矯正治療を行いました。術後5年を経過して居ますが、安定的に機能されています。特に左側のみ顎関節の後方への後退があり、下顎全体の左側への偏位がありましたが、5年の経過観察の中で逆戻り現象は観察されませんでした。向かって右側の歯列が上顎左側ですが、犬歯の役割を第1小臼歯が担っている様子が、良く観察されます。

左側の顎関節症の治療のため矯正治療を行いました。術後5年を経過して居ますが、安定的に機能されています。特に左側のみ顎関節の後方への後退があり、下顎全体の左側への偏位がありましたが、5年の経過観察の中で逆戻り現象は観察されませんでした。

左側の顎関節症の治療のため矯正治療を行いました。術後5年を経過して居ますが、安定的に機能されています。特に左側のみ顎関節の後方への後退があり、下顎全体の左側への偏位がありましたが、5年の経過観察の中で逆戻り現象は観察されませんでした。

顎関節症の治療を矯正と補綴で対応した症例です。大学病院口腔外科と補綴科にて長期に渡る顎関節症の対応をされて来られましたが、症状が消えることはなかったとのこと。その原因は、顎関節に加わる圧力の解除という非常に単純な治療概念がないからです。治療開始初期に顎関節症による痛みは無くなりました。それは矯正と補綴技術を駆使して顎関節を正しい位置に移動させたからです。写真は矯正治療完了後に一本の歯のみ移動が必要であると判断されたため、その場で私がワイヤーを屈曲し、クルツァー製高圧過熱重合器で重合完了したところです。こう言った細かい処置を咬合知識の無い技工士、技工技術のない矯正専門医に外注した場合、解決...

詳細

天然歯に勝る機能を持つものはありません。天然歯は、歯根膜という重要な圧力センサーを持ち、口腔内情報を常に脳中枢に送り続けています。残り少なくなった天然歯を如何に長持ちさせ、口腔情報のセンサーとしての役割を持続させるかがポイントとなります。そこを解明したのが、オーストリア、ウイーン大学、ルドルフ・スラヴィチェック教授です。高度の旋盤技術(ドイツ クルツァー製 ミーリングマシーン使用)で口腔生理学に則った造形を与えていきます。鋳造体の稠密な金属組成を得る為、不純物(空気中の塵や酸化物)の入る余地のない高周波真空圧迫鋳造器(Hereus I-95)を使用してます。

顎関節症の治療は顎関節に加わる圧力の解除がメインとなります。それを確実にするには、矯正用ミニインプラントを利用することです。通常のインプラントと同様にct上で精密に埋入計画を立てます。

顎関節症の治療は顎関節に加わる圧力の解除がメインとなります。それを確実にするには、矯正用ミニインプラントを利用することです。通常のインプラントと同様に完全滅菌パックされたタイプのものを使うべきです。

個性的に排列した義歯です。人の数だけ顔形があるように、歯の排列にも個性があります。骨格の解析を精密に進めていきますと、無個性な理想的な排列よりも、個性的な排列の方が機能的である事も多々あります。


クチコミ

3 週間前
歯の矯正で通い始めました。親切に対応して下さり、安心して治療を勧められそうです。
宗像美帆
8 か月前
家族が治療でお世話になっています。 非常に良い治療を受けさせていただいていますので感謝も込めて投稿させていただきます。 噛み合わせの改善を求めて大学病院も含め数十件以上の他の歯科医院を受診しましたが良くなりませんでした。 吉見先生は他の歯科医とは違い多角的かつ徹底的な検査や測定をなさいます。 その後、検査の結果を科学的知見に基づいて説明して下さいます。 検査の結果、噛み合わせと顎関節に問題があるということで、顎関節等の現在の状態を時間を掛けて丁寧に説明して下さいました。 説明は具体的で分かり易くスマホで動画を撮影させていただけますので、後に家族もこの動画を見ることができました。動画のお陰で状況把握や治療方針等を共有することができました。 先生やスタッフの方々は優しくて安心して通院しています。 まさに『名医』の先生なので噛み合わせや顎関節に限らず自律神経の不調でも一度相談されることをお勧めします。
- H H
2 年前
ここまで綺麗に対応するところはないと断言できるぐらい、虫歯治療も歯科矯正も綿密なチェックと丁寧な治療のもと行ってもらえます。特に歯科矯正は、患者さんの歯を大事に考えて親知らず2本しか抜かないなど、かなり徹底されています。 「矯正を考えているが、歯をあまり抜きたくない」と思っている人はぜひ一度相談すべきではと思います✨
- zawa h

顎関節症 機能回復

顎関節の機能は、必ずしも上手く機能しているとは限りません。それは歯列は未発達のまま出産し、成長の過程で機能を獲得して行くからです。上手く成長発達適応出来なかった場合は、人為的にもう一度成長発達適応の場を作る事ができます。これが本来の噛み合わせの治療です。不適応の原因を追求しそれを消し去ることは当然のことです。更には歯列-顎関節機能が本来持っている高度な社会適応システムを駆動させることがこんげん的なゴールです。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 042-795-1359

住所

ルートを検索
日本
〒194-0001 東京都
町田市つくし野1丁目29−1
スクエアー2ビル 3F

営業時間

月:10時00分~18時30分
火:10時00分~18時30分
水:定休日
木:10時00分~18時30分
金:10時00分~18時30分
土:定休日
日:定休日
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。